壁をカラフルにしたい

壁はそのままの状態にすると味気がないもので、カラフルにして個性を出せるように考えると良いものですよね。壁面緑化は壁に緑を植えて有効活用でき、太陽が当たりやすくてきれいな空気を作れます。カラフルにする時は様々な植物を植えると良いですが、枯れないように水を与えることが必要です。壁面緑化はカラフルにすると目立つため周囲から注目されるようになり、場所ごとにデザインや色などを変えると効果を出せますよ。

目で見て楽しんでもらえるように考えよう

壁面緑化は遠くからでも目立ちやすく、目で見て楽しんでもらえるようなデザインにしたいものです。壁は何もないと特徴がなく古くなると劣化が目立つため、緑を植えて隠すなど工夫すると効果的ですよ。緑は太陽光が当たりやすいと育ちやすく、ボリュームがあると気分を癒す効果もあります。また周囲から目立ちやすくなりますね。壁面緑化は壁に太陽光が当たりやすい特性を活かすと緑が育ちやすくなりますが、剪定や除草など様々なメンテナンスをすることが大事です。

リラックスできるようにする

壁面緑化は壁に緑を植えることだけでなくきれいな空気を作れ、リラックスできるようにすると効果があります。外壁は建物に合うように緑を植えると周囲にアピールでき、目で見て楽しめるように考えると良いですよね。緑は見るだけで気分を癒せることや太陽光を吸収でき、壁の表面をうまく利用して育てると快適な環境を作れます。壁面緑化をする目的は人それぞれですが状況に合わせて考え、リラックスできるように工夫すると良いですよね。

壁伝いにつる植物を育てることにより壁全体を植物で覆うことを壁面緑化と呼びます。建物内部の温度上昇を抑制できるのがメリットです。