本体ケースはステンレスがいい?それともチタン?

時計の本体ケースは、主にステンレスやチタンといった素材が使われています。高級時計ならプラチナやゴールドを使用している場合もありますが、多くはステンレスやチタンで作られます。ステンレスは加工がしやすく、値段も安価なのが魅力です。加工のしやすさから、様々なデザインの時計が販売されています。また、合金のステンレスは錆びにくいので長持ちすると言われています。一方チタンはステンレスと比べると少々値段は張りますが、非常に軽く金属アレルギーの方でも使用できるというメリットがあります。強度もしっかりしているので壊れにくいです。

時計を購入するなら、チタンの方が品質が良いと思われます。値段に関してはステンレスの方が優秀ですが、軽量で人の肌とも相性が良く、耐久性が高いので使いやすいでしょう。

時計のベルトは金属ベルトがいい?それとも革ベルト?

時計のベルトは主に金属と革の2種類に分かれます。革ベルトは年数が経てば経つほど味のある色合いになり、お洒落な印象があります。しかし見た目は良くても汗や水を吸収して悪臭を放つ場合があります。人によっては使用してから1年ほどでベルトを交換しなければならない、ということもあるでしょう。しかし金属ベルトなら汗や水に強く、きちんと拭き取れば長い間使うことができます。たとえ金属ベルトの表面に傷がついてしまったとしても、研磨すれば綺麗な状態に戻すことが可能です。このような点から、ベルトは革ベルトよりも金属ベルトを選ぶことをお勧めします。

シャネルの時計を売るとき、その価格が気になるところです。時計専門の買取業者が公表している相場では、10万~200万円とモデルによってかなり差があります。売る前にはモデルを確認しましょう。