時計の買い方のポイントとは

腕時計はいつも身につけていれば簡単に時刻を確認できる点で優れているだけでなく、ファッションアイテムとしても重宝されています。ビジネスシーンではステータスの高さを示すビジネスツールとしても重要なものです。時計を買うときに大切なこととして覚えておいた方が良いのが、どんなシーンで使うかによって何本かの時計を用意した方が良いということです。スーツに合うビジネス向けの時計と、カジュアルなファッションに合う普段使いの時計とでは求められるデザインも価格帯も異なるからです。

時計に合わせてファッションをコーディネートするという考え方もあり、こだわりのブランドの時計があるようなときには悪い考え方ではないでしょう。しかし、一般的にはファッションに合わせて時計を選んだ方がコストパフォーマンスが良くなります。

こだわらないなら安物で良いのか

特にファッションにもこだわりはなく、重要なビジネスシーンに遭遇することもないという人はあまり時計にこだわりを持たないこともあります。それなら安物を買うのがコストパフォーマンスが良いのではないかと思うかもしれません。確かに安物の時計でも時刻は正確に刻んでくれるので機能としては十分でしょう。ただ、耐久性を考えるとある程度は値が張るものを買っておいた方が無難です。あまりに安い時計の場合には耐久性が低いことがあるからです。2000円の時計を毎年買うよりも、1万円の時計を長く使った方がコストパフォーマンスは高くなるので、耐久性に問題のない範囲で安いものを選ぶのが大切です。

IWCとは、インターナショナルウォッチカンパニーの略で、スイスの高級なブランド時計のひとつです。 幅広い世代から人気を博しています。