ペットを購入する際に気を付ける事

ペットを購入する際には、どのような相手から譲り受けるかを考えることも重要になってきます。基本的にはペットショップで購入するのが一般的ですが、劣悪な環境で飼育をしている心配があるので気をつけたいものです。大手やチェーン店でも、実際に世話をしているのはアルバイトと言うことは珍しくありませんから、適切な扱いがなされているかどうかは注意しておくと良いでしょう。例えば、ペットの身体を観察してみて、皮膚が発赤していたり毛並みが悪い場合には、衛生面でのリスクが考えられます。自分の毛をむしっているような犬猫がいれば、精神的な問題も考えられます。

また、ペットショップではどのような入手経路で生体を揃えているのかも不透明です。悪徳な業者が健康リスクなどはお構い無しで繁殖させたペットが、流通しているおそれもあります。良心的なショップではしっかりしたブリーダーと提携したり、自家繁殖を行っていることもあるので、そのようなショップを探してみるのも良いでしょう。

ブリーダー直販と言う手段

ブリーダーが直にペットを販売しているケースは多いので、これを利用するのも選択肢です。海外ではブリーダーから直接譲り受けるのが基本と言う国もあるほどです。特に、しっかりとした設備でペットの扱いも上手なブリーダーが手がけている場合は、元気で長生きするケースも多いようです。これは親犬の遺伝性疾患や体格、毛色などを考えて、健康重視で繁殖を行うからと言えるでしょう。販売価格が高くなりそうに思えるかも知れませんが、実際には普通のペットショップと遜色ない場合もあるので、まずは、確認してみるのがおすすめです。

子犬販売は、ファミリー世帯や一人暮らしの女性から多くの支持を集めており、住宅街の近くやシングル向けマンションが充実しているエリアでの営業が効果的です。