機械式時計は定期的なオーバーホールが必要

機械式時計は、ゼンマイが解ける力を利用して振り子を動かすので、金属部品に対して潤滑油が適量塗布されています。潤滑油は経年劣化を起こすので、摩耗により発生した金属粉が潤滑油に混ざり込み、動作を遅らせる原因となりかねません。潤滑油の劣化は3年から4年程度で発生するので、オーバーホールも同じく3年程度の間隔で行なう必要があります。オーバーホールは、機械式時計の全ての部品を一度分解して、パーツごとの摩耗具合をチェックし、必要に応じて修理を行ない再度新しい潤滑油を塗布しながら組み立てる作業です。機械式時計に使われている部品数は、高級機械式時計ほど多くなり複雑な構造となるので、オーバーホールに必要な期間も長くなります。

高級機械式時計ほど時計職人の確保を先に行なう

高級機械式時計ほど内部構造が複雑となるので、腕が良い時計職人を先に確保してから購入する必要があります。時計職人の中でも最高級の機械式時計をメンテナンス出来る人は限られているからです。機械式時計は、オーバーホールさえ怠らなければ、世代を超えて長く受け継ぐことが出来るので、手持ちの機械式時計を見れば所有者の生活や性格まで分かるとされています。時間の正確さという点ではクオーツ式時計に敵いませんが、独特な動きをする機械式時計ならば、電気を使わずに時を刻む事が出来る大人の所有物です。機械式時計に対する愛着を持てれば、オーバーホールを欠かすことは無いでしょう。新しい高級機械式時計を注文する際には、メンテナンス可能な時計職人の確保について問われても慌てないようにしましょう。

パテックフィリップは、高級腕時計ブランドで自社製品の永久修理を公言しています。その技術力が魅力で、世界中に愛用者がいます。