正規店で買う方法と並行輸入品を買う方法

腕時計にはいろいろあります。100円ショップや無料で配られている無価値のものから、何千万円もするものまでピンキリです。一般的に腕時計を買う方法として紹介されるのは、いわゆる高級ブランド品を指し、安くても数万円はします。高くなると100万円を超えるものもあります。買い方としては、まずはそのブランドの正規店の利用です。日本メーカーもいくつかありますし、海外メーカーの正規店が日本に出店しています。本物が買えますが、値引きはありません。本物を少しでも安く買いたいなら並行輸入品を購入します。正規店以外のお店で売られている商品になります。仕入れルートや為替の関係などでかなり安くなるケースもあります。どちらも同じものが買えます。

中古品は価値がどんどん下がっていくのか

一般的に、物は新品が最も高く、中古になればどんどん価値が下がります。物は時間が経過すると劣化します。使って消耗もします。使える時間が少なくなるので、新品よりも使えないと価値が下がります。腕時計はどうかですが、高級ブランドになると様子が変わります。高級ブランドでは常に新しいモデルが出てきて、それまで生産していたモデルは生産中止になります。特に人気のないモデルはそのまま価値が下がりますが、人気モデルは欲しい人がたくさんいます。作られていないので、持っている人から買いたいと中古の価格が上昇します。その他、生産中のものでも人気が高くて買いにくいものだと、中古でも新品とほとんど変わらない価格で販売されます。

時計通販のヨシダ